コンテンツへスキップ

隈研吾建築10選その1 ー 港区渋谷区 近隣エリアの隈研吾建築を巡る ー


フォローする
シェア:
記事の評価

隈研吾と言えばその名を知らない人はほぼいない!

今やその知名度は一般にも浸透し、安藤忠雄を上回るのではないでしょうか。

そんな隈研吾が手がけた建築は日本全国はもちろんのこと世界中に存在します。

世界中の隈研吾建築巡りをするのはなかなか大変ですが、渋谷区港区、主に原宿青山や芝公園白金台などの港区界隈(一部新宿区千駄ヶ谷)の隈研吾建築を厳選して10件ご紹介します。

実際は10件以上あるのがすごいですね。

簡単にいうと私の近所で見られる隈研吾建築特集なのです。

こちらの建築とアートを巡るInstagramのリールの登場順に紹介します。▼

スポンサーリンク

AEAJグリーンテラス

2023年1月にオープンした公益社団法人 日本アロマ環境協会(AEAJ)が運営するアロマの魅力を五感で体験できる施設です。

ガラスキューブの中に檜のヒノキの組積構造がすっぽりおさまっているようなつくりです。檜はなんとこだわりの国産です。

さすがアロマ環境協会ですね。基本的には会員のためのセミナーやワークショップを行う施設ですが、一般でも予約をして入館料を払えば中に入れます。JRの線路を隔てた反対側には、丹下健三の国立代々木競技場 第一体育館がよく見えます。

詳しくはこちら▼

基本情報

AEAJグリーンテラス

13:00 – 18:00 日月祝休

AEAJ会員入館無料

一般入館料500円 要予約

渋谷区神宮前6丁目34−24 AEAJグリーンテラス MAP


肉割烹 礼(nikukappou Rei )旧Mesh/Earth

芝公園の中!?と言っても過言ではないすごい場所にある超高級ヴィラだった建築です。

現在は、オーナーが変わり飲食店になったようです。

ですから、一般人でも中に入るチャンスができた!ってことになりますね。

基本情報

肉割烹 礼(nikukappou Rei )旧Mesh/Earth

港区芝公園4丁目8−12MAP


瑞聖寺庫裡

このブログでも何度も紹介している白金台のお寺です。

基本情報

瑞聖寺庫裡

開門時間:9:00 – 16:30

港区白金台3-2-19 MAP

スポンサーリンク


根津美術館

私がかなり足繁く通う近所の美術館のひとつです。

内部に入るには入館料が必要です。

基本情報

根津美術館

開館時間:10:00 – 17:00

休館日:月曜日

オンライン予約優先

港区南青山6丁目5−1 MAP

 


明治神宮ミュージアム

原宿駅から鳥居をくぐって神殿に向かう途中にある美術館です。内部に入るには入館料が必要です。

基本情報

明治神宮ミュージアム

開館時間:10:00 – 16:30

休館日:木曜日

渋谷区代々木神園町1−1 MAP


THE AVIOR (WEST RESIDENCE / EAST RESIDENCE)

ザ・アヴィオールイーストレジデンスは、隈研吾もデザイン監修に関わっている高級レジデンスです。

設計は久米設計です。

THE AVIOR (WEST RESIDENCE / EAST RESIDENCE) 写真:建築とアートを巡る
THE AVIOR (WEST RESIDENCE / EAST RESIDENCE) 写真:建築とアートを巡る

基本情報

THE AVIOR (WEST RESIDENCE / EAST RESIDENCE)

渋谷区渋谷4丁目-1-21 MAP


サニーヒルズ

台湾のパイナップルケーキの販売店です。

日本の木造建築に伝わる「地獄組み」という名のジョイントシステムで構成されており一度目にしたら忘れられない建築です。

基本情報

サニーヒルズ南青山

港区南青山3丁目10−20 MAP

スポンサーリンク


THE KITA

北参道 にある超高級ラグジュアリーコンドミニアムです。

内部に入る機会があったのはラッキーでした。

詳細はこちらから▼

基本情報

THE KITA

渋谷区千駄ケ谷3丁目12−1


Dior 麻布台ヒルズ

麻布台ヒルズにオープンしたDiorは隈研吾のデザインです。

お隣のカルティエは永山祐子のデザインです。

外形は両方とも同じなのでファサードのデザインと内装で勝負の建築です。

麻布台ヒルズ DiorとCartier 写真:建築とアートを巡る

基本情報

Dior 麻布台ヒルズ

港区麻布台1丁目2−8azabudai hills ガーデンプラザ MAP


国立競技場

隈研吾の手がけた仕事の中で一番規模の大きい建築と言えばやはり一悶着もふ二悶着もあった国立競技場でしょう。

今や幻となったザハ・ハディド案の後に隈研吾が、棚からぼたもちの如く手がけることになった国立競技場。

今はすっかり隈研吾設計の競技場に見慣れましたね。

基本情報

国立競技場

新宿区霞ヶ丘町10−1 MAP


隈研吾の建築一覧

隈研吾が手がけた建築一覧はこちらから

隈研吾建築マップ


スポンサーリンク

シェア:
同じカテゴリーの記事 スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す