コンテンツへスキップ

東京都内建築巡り<表参道4>隈研吾が手がけた青山・表参道の建築


フォローする
シェア:
記事の評価

東京で見るべき建築の中でエリアを絞り、青山・表参道で見るべき建築の特集第四弾は、「青山・表参道の隈研吾建築」です。

青山・表参道で見るべき隈研吾建築は、サニーヒルズ南青山、根津美術館、One表参道、イッタラ表参道 ストア&カフェ、ミーレ・センター表参道、ドーリック南青山です。

隈研吾と言えば国立競技場をはじめとして、国内外に大小様々な建築を手がけ、今や日本を代表する建築家と言っても過言ではありません。

これまでに数多くの隈建築を訪問してきました。

全ては掲載していませんが、かなり多くの隈建築をこのブログでも取り上げてきました。詳細は隈研吾の建築一覧を参照ください。

今回は、青山・表参道にある隈研吾建築を6つご紹介します。

6つのうち5つが表参道の駅から徒歩5分圏内です。

逆にいうと表参道の徒歩5分圏内に手がけた建築が5軒もある建築家が他にいるでしょうか。

いないでしょう。

また、青山にある隈研吾建築のクライアントは、日本だけでなく台湾、フランス、フィンランド、ドイツとさすがグローバルな活躍をしている建築家らしく多彩です。

スポンサーリンク

サニーヒルズ南青山

2013年竣工

Sunny Hills Minamiaoyamaは、台湾のパイナップルケーキのお店です。

パイナップルケーキの販売店ですが、中でケーキの試食ができます。

試食の際はテーブルに着席してお茶まで出してくれます。

丁寧におもてなしされては、手ぶらでは帰れないのでそりゃ購入しますよねぇ。

隈研吾設計 サニーヒルズ南青山
突然現れる森のような建築

日本の木造建築に伝わる「地獄組み」という名のジョイントシステムで構成されています。▲

規模は大きくありませんが、すごく目立つ建築です。

隈研吾設計 サニーヒルズ南青山
ランダムに組んであるようで規則的

入り口の様子。ちょっと洞穴感▲

一瞬何の建築なのか前を通っただけではわかりません。

隈研吾設計 サニーヒルズ南青山
中から地獄組みを見る

ガラスの箱に地獄組みの木がかぶさってるような感じです。▲

隈研吾設計 サニーヒルズ南青山
10年経っていい雰囲気になってきた

表参道の駅から徒歩5分ほどの住宅街に突如現れるお店です。

基本情報

サニーヒルズ南青山

11:00-19:00

港区南青山3丁目10−20 MAP

スポンサーリンク

根津美術館

2009年竣工

東武鉄道の初代社長のコレクションを所蔵する私立の美術館で、青山とは思えない広大な庭園がある美術館です。

隈研吾設計 根津美術館
高揚するエントランス

本物の竹と建材としての竹の挟まれた日本的なアプローチは秀逸です。▲

隈研吾設計 根津美術館
勾配のある天井の和モダンな空間

落ち着きがあって開放的な館内▲青山の大人のための美術館です。

隈研吾設計 根津美術館
大きなガラスの開口部によって庭と一体化した展示空間

美術館にはNEZU CAFE というミュージアムカフェがあり、このカフェも隈研吾によるものです。

素敵なカフェなので美術館訪問の際は是非一緒に訪れたい場所です。(カフェのみの利用不可)

美術館の詳細はこちらを参照ください▼ 

基本情報

根津美術館

10:00-17:00 月休、展示替え期間休

港区南青山6丁目5−1 MAP

 

One 表参道

2003年竣工

高級ブランドを束ねるLVMH(モエヘネシー・ルイヴィトン)グループのオフィス&ファッションビルです。

外壁は全て、カラマツ集成材製のルーバーで覆われ、表参道の欅並木と響き合うデザインされています。

oen 表参道 隈研吾
ファサード上部にはルーバー

路面店にはLVMHグループのブランドショップが入っています。▲

oen 表参道 隈研吾
セリーヌ、ジバンシー、ロエベなどが入っている

真下からルーバーを見てみました。▲

one表参道 隈研吾
パラシオ青山タワーと向かい合っている

表参道の交差点のパラシオタワーと対をなすもう一つのランドマーク▲

夜の方が個人的に好きなので夜の様子を。

もうすぐ竣工して20年ですが、古さを感じさせません。

ルーバーで構成されたファサードの意匠はシンプルなので飽きがこないのでしょう。

基本情報

One 表参道

港区北青山3丁目5−29 MAP

スポンサーリンク

Iittala Omotesando store & café

2021年竣工

建築設計ではなく店舗デザインを手がけたフィンランドのブランドイッタラの世界初のカフェを併設するイッタラ表参道 ストア&カフェです。

イッタラ表参道 ストア&カフェ 隈研吾設計
イッタラショップ

店内の内装にはコーヒー豆を使った建材などが使われています。▲

カウンターの上の照明はイッタラのガラス工場で制作したこのショップ用の特注の照明で、木製の型からできています。

イッタラ表参道 ストア&カフェ 隈研吾設計
イッタラカフェ

カフェのインテリアに使われる日本の伝統工芸から着想を得た千鳥格子▲

カフェやショップの詳細は「建築家が手がけたカフェ特集(青山)」で▼

基本情報

イッタラ表参道 ストア&カフェ

11:00-20:00

渋谷区神宮前5丁目46−7 GEMS青山クロス 1階 MAP

スポンサーリンク

Miele Experience Center 表参道

2011年

隈研吾が設計したドイツの高級家電ブランドであるミーレの、直営ショールーム「ミーレ・センター表参道」です。

Miele Experience Center 表参道
根津美術館の隣に位置する

“21世紀のあたらしい住空間”をイメージして設計した地下1階、地上3階の、一軒家のような空間です。▲

基本情報

Miele Experience Center 表参道

港区南青山4丁目23−8 MAP

スポンサーリンク

ドーリック南青山

1991年 竣工

隈研吾初期の建築です。

環八沿いにある隈研吾初期建築のM2の流れを組むデザインです。

ドーリック南青山 隈研吾
1.2階にがデンマーク家具のフリッツ・ハンセンが入っている

外苑西通りに面するドーリック南青山、隈研吾の事務所や隈研吾が手がけた梅窓院にも近い▲

ドーリック南青山 隈研吾
ポストモダン建築の代表作でもある

地下1階、地上7階の商業とオフィスの複合ビルです。▲

このギリシャ建築のドリス式オーダーの中はエレベーターがになっていて、各階フロアに扇状に広がっています。

この建築は表参道駅ではなく外苑前駅が最寄駅です。

隈研吾の手がけた建築も含む外苑前の建築巡りについては▼

基本情報

ドーリック南青山

港区南青山2丁目27−14 MAP

2023年に竣工した隈研吾建築はこちら▼

青山・表参道の建築巡りをする前に、表参道特集を読んでおこう!

東京都内建築巡り<表参道1>▼

東京都内建築巡り<表参道2>▼

東京都内建築巡り<表参道3>▼

東京都内建築巡り<表参道5>▼

スポンサーリンク

シェア:
同じカテゴリーの記事 スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す