コンテンツへスキップ

11月3日から文化の日連休!この連休に訪れたい日本美術と東洋古美術のオススメ美術館特集。


フォローする
シェア:
記事の評価

2023年は文化の日から3連休。文化の日に因んで美術館や博物館巡りを考えている方も多いでしょう。

快適に過ごせる秋の日に、日本美術や東洋古美術といった悠久の刻を感じさせるジャンルもまた心が休まります。

そこで、日本美術や東洋美術を得意とする美術館とおすすめの展覧会を特に港区、渋谷区から選んで特集してみました。

スポンサーリンク

東洋古美術

東洋美術といってもエリア的には日本や中国に朝鮮を含む東アジア、インドなども含む東南アジア、そして中国と並ぶ歴史のあるペルシャ(イラン)など西アジアなど広いのですが、東洋古美術専門の美術館や博物館となると数が限られます。

根津美術館 : 北宋書画精華

東京だけでなく日本でも代表的な東洋美術コレクションを誇るのが南青山の「根津美術館」です。

隈研吾の設計でリニューアルされてからは美術館としての機能だけでなく日本庭園、ミュージアムカフェのNEZU Cafe、そして隈研吾設計によるその建物自体と見どころも多く、世界的にも有名な美術館となっています。そのためインバウンドのお客さん多く東洋美術の裾野を広げることにも貢献しています。

その根津美術館のこの秋の展覧会は「北宋書画精華」展です。

日本に伝存する中国の北宋時代の書画作品を一堂に集める展覧会となっているそうです。

また企画展の他に東洋古美術の大コレクションから厳選した常設展も見逃せません。

▲会期はちょうど11月3日(金)から12月3日まで。

開幕初日が文化の日ですから混雑は必至。

なお紅葉が美しいその庭園はすでに色づき始めているのですが、残念ながら11月3日の連休は紅葉にはまだちょっと早そうです。

もし文化の日が難しいようなら11月の中旬以降の訪問を検討されてはどうでしょうか。根津美術館の庭園の紅葉もピークを迎えているはずです。

精華な中国書画を鑑賞し、カフェでお茶して庭園で紅葉を愛でる。そんな根津美術館の秋を楽しめます。ただ紅葉真っ盛りの時期の特に週末は入館待ちの行列ができるほど混雑します。

展示室内は写真撮影NG。庭園は写真撮影可能です。

会期 : 2023年11月3日(金) 〜 12月3日(日)
料金 : 一般 1,800円、学生 1,500円
アクセス : 表参道駅から徒歩10分
撮影 : 展示室内は撮影禁止。館内および庭園は撮影可能。

津美術館とNEZU CAFEについての詳しい情報はこちらの記事をどうぞ。


日本美術

日本美術は日本画や浮世絵などジャンルごとの専門美術館がいくつもあるほど充実しています。

サントリー美術館 : 激動の時代 幕末明治の絵師たち

六本木の東京ミッドタウン内のサントリー美術館では「激動の時代 幕末明治の絵師たち」展が開催されています。

▲幕末から明治初頭にかけ、それまでの日本絵画の伝統を受け継ぎながら西洋風の思想や遠近法などの技法を取り入れることで、新しい時代の新しい表現にチャレンジしようとした絵師たち作品による展覧会です。

サブタイトルは ”芸術はバクマツだ”。サントリー美術館らしからぬといっては失礼ですが、お茶目なタイトルが微笑ましいです

開幕直後の平日に訪問したのですが、やはり浮世絵は人気があります。平日なのに作品の前にはギッシリと人が詰まるほと混んでいました。もちろん文化の日連休も混雑しそうです。

なおサントリーの美術館の写真撮影は原則不可となっています。この展覧会では1か所だけフォトスポットが用意されています。

会期 : 2023年10月11日(水) 〜 12月3日(日)
料金 : 一般 1,500円
アクセス : 六本木駅直結の東京ミッドタウン ガレリア3階
撮影 : 展示室内は撮影禁止。ロビーにフォトスポットあり。
スポンサーリンク

泉屋博古館東京 : 特別企画展 日本画の棲み家

泉屋博古館東京」は住友家のコレクションを収蔵・展示する美術館で京都と東京に施設があります。

東京の泉屋博古館は六本木一丁目駅の近くで、11月24日に開業する「麻布台ヒルズ」もすぐ近くです。

この秋は11月2日から「特別企画展 日本画の棲み家」展が開催予定です。

▲なお泉屋博古館は館内も作品も写真撮影は不可です。(館内の一部は撮影可)

会期 : 2023年11月2日(木) 〜 12月17日(日)
料金 : 一般 1,000円
アクセス : 六本木一丁目駅からエスカレーターで
撮影 : 撮影禁止(一部のみ撮影可)

また、併設する「HARIO CAFE」コーヒードリッパーやコーヒー器具などに定評のある耐熱ガラスのメーカーHARIOが運営するスペシャリティコーヒーの直営店です。


山種美術館 : 日本画聖地巡礼

広尾の美術館通り沿いにある「山種美術館」は日本画だけを専門的にコレクションしている美術館です。1966年に開館ですから半世紀を超える歴史を持つ老舗の私立美術館です。

その山種美術館での秋の展覧会は特別展で「日本画聖地巡礼」展です。

奥村土牛や速水御舟それに東山魁夷といった日本画の巨匠たちが日本各地で描いた作品。それと現地写真をまとめて見せてくれる展覧会で、絵画を見ながら旅行に行った気持ちになれるお得そうな展覧会です。

▲なお山種美術館の館内はカフェの「椿」を除いて写真撮影禁止です。

会期 : 2023年9月30日(土) 〜 11月26日(日)
料金 : 一般 1,400円
アクセス : 恵比寿駅から都営バス学06系統で広尾高校前で下車
撮影 : 撮影禁止。カフェ椿のみ撮影可。

山種美術館についての詳しい情報はこちらの記事をどうぞ。

スポンサーリンク

太田記念美術館 : 葛飾応為「吉原格子先之図」

原宿という意外な場所に浮世絵の専門美術館があります。

かつて存在した東邦生命の社長を務めていた五代目太田清藏氏が蒐集した12,000点にも及ぶ膨大な浮世絵コレクションを所蔵・公開する「太田記念美術館」です。

この秋は《葛飾応為「吉原格子先之図」―肉筆画の魅力》展が開催される予定です。

▲タイトル通りで、葛飾応為の《吉原格子先之図》をはじめ、さまざまな絵師の肉筆画を見られる展覧会です。

浮世絵は世界中にもファンが多いですし、日本を代表する文化ということでインバウンドのお客さんにも人気です。そのため固定客としての国内浮世絵ファンと併せ最近はいつも混み合う人気美術館になっています。

年間10本近い展覧会が開催されていてほぼ毎月違った展覧会が開催されている感覚なので、一度訪れると病みつきになるかもしれません。

なお太田記念美術館の館内は写真撮影禁止です。

会期 : 2023年11月1日(水) 〜 11月26日(日)
料金 : 一般 800円
アクセス : 明治神宮前駅、原宿駅から徒歩3分
撮影 : 撮影禁止

太田記念美術館についての詳しい情報はこちらの記事をどうぞ。


アートの秋といっても美術館や展覧会を全部回るのは時間的にも物理的にも難しかったりします。でもテーマを絞れば意外と多くの展覧会を巡ることができるかもしれません。そんな展覧会を選ぶ手助けになれば幸いです。

スポンサーリンク
シェア:
同じカテゴリーの記事 スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す