コンテンツへスキップ

〈麻布十番 建築巡り〉鈴木エドワードから隈研吾まで新旧建築 4選


フォローする
シェア:
記事の評価

麻布十番にある新旧の建築選りすぐりの4つを紹介します。

都営大江戸線の麻布十番駅ができるまでは、ここ麻布十番は陸の孤島でした。しかし、それが功を奏し今でも古き良き街並みが残っています。

そんな麻布十番の街を見守ってきた平成元年であり昭和最後の年に竣工したジュールAから令和の隈研吾建築までをご紹介します!

スポンサーリンク

Maxplan Azabu 10

設計:隈研吾 竣工:2020年

一の橋の交差点の角に建つテナントビルです。

できたばかりの頃は違和感がありましたが、4年経ってそろそろ馴染んできたように思います。

隈研吾設計 MAXPLANAZABU10 写真:建築とアートを巡る

基本情報

Maxplan Azabu 10


港区麻布十番4丁目1−1 MAP

スポンサーリンク


ジュールA

設計:鈴木エドワード 竣工:1990年

昭和最後の年で、平成元年の1990年に竣工したバブル建築です。破けたようなファサードはこの頃のエドワード鈴木らしいデザインです。

鈴木エドワード設計 ジュールA 写真:建築とアートを巡る

バブル建築らしく、内部には大胆且つとっても贅沢な大吹き抜け空間があります。

そして、いわゆる路面店と称される場所に店舗スペースはありません。

基本情報

ジュールA


港区麻布十番1丁目10 MAP


iron gallery

設計:渡邉健介 竣工:2011年

オープン時は森ビル所有のビルでした。今でも多分そのままだと思います。入っているテナントは古美術を扱うギャラリーです。コロナでアポイント制となり、ますます入る機会がありません。

設計:渡邉健介 iron gallery 写真:建築とアートを巡る

▲時間が経てば経つほど波板のコールテン鋼の色味がいい感じになってきています。

基本情報

ギャラリー柳井


港区麻布十番1丁目5−1 MAP


はなぶさ

設計:AAOAA 竣工:2022年

AAOAAとは青木弘司と岡澤創太の2名の建築家の事務所です。かなり個性的なデザインのビルです。

AAOA設計 はなぶさ 写真:建築とアートを巡る

コロナ禍にこちらへ移転オープンしたひつまぶしのお店です。

以前の店舗も麻布十番でしたが、普通のビルにテナントとして入っていました。

AAOA設計 はなぶさ 写真:建築とアートを巡る

▲個性的な植栽はSOLSO FARMです。夕方照明が灯っていい感じです。

内部の様子などはこちらの記事を参照ください▼

基本情報

はなぶさ


港区麻布十番2丁目7−11 2F・3F はなぶさビル MAP

スポンサーリンク
シェア:
同じカテゴリーの記事 スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す