コンテンツへスキップ

BMWのポップアップ・エキシビション「FREUDE」が原宿に出現!あのM1と現代アートの競演


フォローする
シェア:
記事の評価

FREUDE by BMW

BMWがMシリーズのニューモデル「XM」の発売プロモーションとして、原宿駅前にポップアップ・エキシビション「FREUDE by BMW」を2023年4月4日(火)までの期間限定でオープンしています。

これはニューモデルのお披露目だけでなくギャラリーも併設して現代アート作品も展示しているという気になるイベントなので初日に訪問してみました。

BMWのポップアップ・エキシビション「FREUDO」

▲会場は原宿駅前、神宮橋交差点の角に建つヨドバシJ6ビル(旧jing原宿)。つい最近はルイ・ヴィトンが草間彌生とコラボしてポップアップストアを出していたスペースです。コロナでめっきり減ったこうしたイベントもだいぶ復活してきました。

今回はBMWという自動車メーカーのポップアップということでモノクロのBMWのロゴだけの地味な外観です。

スポンサーリンク

BMW M1

会場内に入って真っ先に目に入るのはニューモデルのXMではなく、BMWのMシリーズの先駆となった「M1」です。

正確にはBMW社ではなくモータースポーツ部門のグループ会社BMW M社の最初の市販車がM1です。

BMWのポップアップ・エキシビション「FREUDO」

▲フロアの中央にはM1が置かれ、周囲にはモデルやレーシングスーツなど関連する資料が陳列されています。

また前方のタイムトンネルのようなディスプレイがM1発売当時(1979年)の未来感をうまく出しています。

このクルマの開発にランボルギーニも関わっているし、デザインはジウジアーロ。さらにBMWとして初めてエンジンをミッドシップに搭載した、いわばスーパーカーがM1です。

ただオイルショックの時期にも重なり生産台数は非常に少なく(500台弱)、今では中古車とはいえ1億円前後の値段が付くこともある貴重なモデルです。

BMWのポップアップ・エキシビション「FREUDO」

▲なお、M1という名称ですが今のBMWの1シリーズとはまったく関連性はありません。

今回展示されているM1は、そのカラーリングからF1チャンピオンのネルソン・ピケがドライブしていた車両のようです。この車両はBMWのイベントでよく見かけるので今は日本にあるのでしょう。

BMWのポップアップ・エキシビション「FREUDO」

▲世界一有名なM1はポップアートの巨匠アンディ・ウォーホルがペイントしたものでしょう。10年ほど前に六本木ヒルズの森美術館で「アンディ・ウォーホル展:永遠の15分」展が開催された時、そのウォーホルのアートカーが来日し展示されていたので覚えている方も多いでしょうし、2022年に自称環境保護団体が小麦粉をぶちまけた事件も記憶に新しいです。
(Photo by Dennis Fraevich – Andy Warhol BMW M1 Group 4 Race Version, 1979(2013) / CC BY-SA 2.0)

BMWのポップアップ・エキシビション「FREUDO」

▲M1の後ろ姿。

ミッドシップなので後のエンジンフードをカパッと開けると中にエンジンがあります。

BMWのポップアップ・エキシビション「FREUDO」

▲昔のウェッジシェイプのスポーツカーって、このように斜め後ろから見ると低くて速そうでかっこいいですよね。

スポンサーリンク

BMW XM

M1をじっくり鑑賞したら最新のMシリーズ、プラグイン・ハイブリッドのXMも見ておきましょう。

BMWのポップアップ・エキシビション「FREUDO」

▲MシリーズですがSUVです。

お値段は2,130万円から・・・まぁM1よりは安いか。

BMWのポップアップ・エキシビション「FREUDO」

▲会場には大きなMマークも設置されています。

BMW好きな方やオーナーのフォトスポットに良さそうです。

スポンサーリンク

セレクトショップGR8と草月

ポップアップ・エキシビジョンにはアパレルのセレクトショップも出ています。

BMWのポップアップ・エキシビション「FREUDO」

▲GR8(グレイト)がBMW XMにインスパイアされたグッズをセレクトし、草月流の草月アトリエのユニット「座・草月」によるインスタレーションの中にディスプレイしていました。

BMWのポップアップ・エキシビション「FREUDO」

▲こちらは細川雄太のブランド「READYMADE」が手がけたピエール・ジャンヌレのPH29をペットボトルのキャップをリサイクルして作ったイージーチェアです。

そのはずです。キャプションがなかったので自分の記憶だけで書いているので、違うとしたら、READYMADEのパクリです。そんなはずないですよね。

カフェ

会場内入口付近にはソファとカウンターがありカフェスタンドも。

BMWのポップアップ・エキシビション「FREUDO」

▲カップはBMWのロゴ入り。

BMWのポップアップ・エキシビション「FREUDO」

ソファに座って名車M1を眺めたり、BMWの関連書籍を読んだりしながら時間を過ごせます。

ちなみにコーヒーは420円です。

スポンサーリンク

アート

アートは2階に展示されています。広々スペースを贅沢に使った展覧会です。

小山登美夫ギャラリー、タカ・イシイギャラリー、MAKI GALLERY、rin art association、4つのギャラリーから鬼頭健吾、掛井五郎、東島毅、廣瀬智央、宮崎啓太、蜷川実花、後智仁、タムラサトルの作品が展示されています。

BMWのポップアップ・エキシビション「FREUDO」

▲イタリアはミラノ在住のアーティスト廣瀬智央の作品の美しいこと!

BMWのポップアップ・エキシビション「FREUDO」

▲蜷川実花のネオンの作品です。

BMWのポップアップ・エキシビション「FREUDO」

▲タムラサトルはワニではなくて、マシーン系の作品です。

BMWのポップアップ・エキシビション「FREUDO」

▲鬼頭健吾の作品はシンプルな仕掛けですが、とっても美しい作品です。

BMWのポップアップ・エキシビション「FREUDO」

▲床に落ちる影が断然綺麗な夜の様子。日中はこの美しい影が見られないので注意です。

動きのある作品なので、詳細は下記動画を参照ください。↓

BMWのポップアップ・エキシビション「FREUDO」

広尾のトイレのデザインを担当した後智仁です。

BMWのポップアップ・エキシビション「FREUDO」

▲タカイシイギャラリーからは掛井五郎の平面と立体。現在、六本木のギャラリーでも個展を開催中です。

右側の壁には東島毅と宮崎啓太の作品です。

アート作品については是非動画も参照ください。

特に鬼頭健吾の作品は動画の方が数倍いいです。もちろん本物を見るのが一番ですが。▼

スポンサーリンク

写真撮影について

写真撮影、動画撮影全てOKです。

基本情報

FREUDE by BMW

2023年3月4日(土) ~ 4月4日(火)

11:00~20:00

写真、動画とも撮影可能

入場無料、予約不要

渋谷区神宮前 6-35-6 ヨドバシJ6ビル MAP

アクセス:JR原宿駅東口より徒歩約2分、東京メトロ 明治神宮前駅1番出口すぐ

スポンサーリンク
シェア:
同じカテゴリーの記事 スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す